#Gentoo で普通の CVE-2015-7547 対策

追記

私が何か勘違いしてたようですが glibc-2.21-r2 (~amd64マスクされてない)でpatchが取り込まれてますね。。

# emerge -fOq glibc
>>> Fetching (1 of 1) sys-libs/glibc-2.21-r2::gentoo
# tar tf /usr/portage/distfiles/glibc-2.21-patches-7.tar.bz2 | grep 'CVE-2015-7547'
patches/00_all_0028-CVE-2015-7547-getaddrinfo-stack-based-buffer-overflo.patch

本文

皆さまにおかれましては CVE-2015-7547 の対応お疲れ様です。

glibc ライブラリの脆弱性 (CVE-2015-7547) に関する注意喚起

さてGentoo Linuxの場合はどうかというと、 glibc-2.22-r2 でpatchが取り込まれているようです。

574880 – (CVE-2015-7547) <sys-libs/glibc-2.21-r2: stack overflow in getaddrinfo (CVE-2015-7547)

試しにfetchしてpatchを探してみましょう。

# ACCEPT_KEYWORDS="~amd64" emerge -fOq \=sys-libs/glibc-2.22-r2
>>> Fetching (1 of 1) sys-libs/glibc-2.22-r2::gentoo
# tar tf /usr/portage/distfiles/glibc-2.22-patches-10.tar.bz2 | grep 'CVE-2015-7547'
patches/10_all_glibc-CVE-2015-7547.patch

入ってますね。

であればあとはこんなファイルを用意して ~amd64 マスクを外し、

# cat /etc/portage/package.accept_keywords/sys-libs.glibc
# for CVE-2015-7547 ( https://bugs.gentoo.org/show_bug.cgi?id=574880 )
=sys-libs/glibc-2.22-r2 ~amd64

emerge して再起動するだけです。

# emerge -pvq sys-libs/glibc
[binary   R   ] sys-libs/glibc-2.22-r2  USE="(multilib) nscd -debug -gd (-hardened) -profile (-selinux) -suid -systemtap -vanilla"