#Gentoo Tips: いつなんどきでも #GentooInstallBattle で最新のstage3を入手する

前提

2015年も残す所あと数日ですね。 今年はあと何回#gentooinstallbattleにエントリーできるでしょうか。 Gentoo Linuxをインストールためには2つのアーカイブファイルをダウンロードします。
  • stage3
    • / ツリーのアーカイブ, つまりOSとして成立するために必要なあらゆるファイル
    • (以前はstage1, stage2もありました)
  • portageスナップショット
    • Gentoo Linuxのパッケージ管理システムであるPortageのリポジトリのアーカイブ
このうち、portageスナップショットについては ${ミラーサイトのURL}/snapshots/portage-latest.tar.{xz,bz2} というURIで常に最新のアーカイブを入手できるので毎回同じコマンドラインが使えます。 お気に入りのミラーサイトを見つけたらgistに curl -LO 'ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Gentoo/snapshots/portage-latest.tar.xz' とでもメモしておけば、あとはインストールのたびに貼り付けてEnterキーを押すだけです。
しかしstage3はファイル名にビルドされた日付が含まれるため毎回同じURIで、というわけにはいきません。
Gentoo Linuxをインストールするなら少しでも楽をしたいというのが人情だと思いますので、今回は楽にstage3をダウンロードする方法を考えてみます。

方法

最新のstage3ファイルのpathはこのようなフォーマットで latest-stage3-${ARCH}.txt というファイルに書かれています。
root@sysresccd /mnt/gentoo % curl -L 'ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Gentoo/releases/amd64/autobuilds/latest-stage3-amd64.txt'
# Latest as of Sun, 27 Dec 2015 12:30:01 +0000
# ts=1451219401
20151225/stage3-amd64-20151225.tar.bz2 249949601
そこでgrepを使って # で始まる行を除外し、awkを使ってスペースで区切られた1つ目のフィールドを取り出すことでstage3ファイルのpathを得ることができます。
curl -L 'tp://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/gentoo/releases/amd64/autobuilds/latest-stage3-amd64.txt' -s | grep -vE '^\s*(#|$)' | awk '{print $1}'
したがって、このようにすればいつでも最新のstage3ファイルを得ることができます。
root@sysresccd /mnt/gentoo % MIRROR='ftp://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Gentoo'; curl -LO "${MIRROR}/releases/amd64/autobuilds/$(curl -L ${MIRROR}/releases/amd64/autobuilds/latest-stage3-amd64.txt -s | grep -vE '^\s*(#|$)' | awk '{print $1}')"
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100  238M  100  238M    0     0  6255k      0  0:00:39  0:00:39 --:--:-- 8091k
これで#gentooinstallbattleが少し楽になりますね!